うつと躁、2つの状態を行き来する双極性障害について

うつと躁と。

薬での治療

双極性障害を治療していくための方法はいくつかありますが、その代表的なものが、お薬を使うという方法です。
長い時間をかけて、継続的に服用していくことで徐々に心の振り幅を小さくしていくことが出来ます。極端なハッピーと極端なブルーの間を数日ごとに、数週ごとに揺れ動く心の振り幅を小さくして、安定させるというわけです。
それは、言い換えれば「気分を安定させる」ということ。そのことにピッタリなネーミングを持つ「気分安定薬」がまずは登場してくることになります。
普通の状態からハッピーの限界まで思いきり振れてしまう心を落ち着かせる作用を持っているお薬が多いのですが、ブルーの限界から普通の状態に心を引き上げる効果を持つ薬も、もちろん存在しています。

具体的には、気分安定薬にはリチウムやカルバマゼピン、ラモトリギンといった名を持つものがあります。リチウムは中枢神経系に働きかけ、カルバマゼピンは脳内に直接働きかけます。
神経が高ぶって理性的な判断が出来なくなるのを防ぎ、高揚を静めて安定させるという効果を持っているのです。ラモトリギンは、うつ状態の改善に役立つほか、双極性障害が再発するのを防ぐ役割も担うことになります。

また、気分安定薬と併用して使われることが多いのが、抗精神病薬というお薬です。
オランザピンという名を持つお薬は、脳の神経細胞のネットワークを巡っている神経伝達物質の発生量を調節します。
躁うつどちらの状態に対しても効果を発揮することが出来、特に躁状態で高ぶり、ささくれ立った心を静める役割を担います。

これらのお薬は、例えば1錠ずつ飲んだからといってすぐに効果を発揮するわけではありません。決められた量のお薬を継続的に飲み続けることで、その効果をフルに発揮することが出来ます。
また、体に合う合わないといった違いもあり、副作用が出てしまうこともあるので、必ず、クリニックでの診察を受け、お医者さんのお話をきちんと聞いた上で飲む必要があります。